特定非営利活動法人 文語の苑

■「文語の魅力」チャンネル■
文語の苑ではこの度YouTubeにて「文語の魅力」と題したチャンネルを開設致しました。今回のプログラムは7回シリーズで『文語名文百撰 日本語はこんなに美しい』をもとに作成。第一回(十月一日配信)および第二回(十月二十五日配信)は熊澤南水先生(文語の苑社友)の朗読による「たけくらべ」と「建礼門院右京大夫集」でした。アプリのYouTubeをインストールして「文語の苑」で検索して頂くと、どなたにも視聴頂けます。皆様のチャンネル登録や好評価が、今後の「文語の苑」の活動、ひいては文語普及に大きな力となりますので、是非ご一緒にこのチャンネルを育てて頂きたく、お願い申し上げる次第です。
(尚、制作は理事会内の編集局で行っております)

■文語の歌詞をやさしく解説■
「兎追ひし かの山」という歌詞を「兎がおいしい あの山」と勘違いしているという話があります。歌詞を暗誦しているが、文語を理解しないので何を言っているのかわからない、というのではあまりに勿体ない。そこで、馴れ親しまれている文語の歌の歌詞を現代語に訳し、少しの解説(サンプル)を加え、希望者に配布(無償)する作業を開始しました。詳しくはこちらをご覧ください。

■文語作文添削■
☆文語文を作ってみませんか。「文語の苑」の先生方が添削してくれます。
☆ 自由作文ー題材を問いません。何でも良いから文語文を書いて送りましょう。
・ 応募方法:原稿用紙の時は「文語の苑」事務局宛に郵送、メールの時はワードのファイルを添付して office@bungonosono.or.jp 宛に送信
・費用:自由作文、課題作文とも一篇(400字以内)につき1000円
【振込先:ゆうちょ銀行  〇二九店
当座預金83632  トクヒ)ブンゴノソノ
記号00200-0-83632】
長文の作品は400字毎に1000円を目安とする(1200字程度を限度とする)。振込確認後添削して返送(またはメールで返信)します。
・添削例を本サイトで紹介することがあります。作者名を付記して下さい。

■入会ご案内■
『文語の苑』の趣意書にみられる趣旨に贊同され、會員になろうとされる方、文語文を投稿していただける方を募ります。ご関心のある方は、「會則及び投稿規定」を御覧下さい。

■出版ご案内■
『文語名文百撰-日本語はこんなに美しい-』
文語文に親しむには、先づ模範的な名文の素讀から。本朝古今の文語名文百篇を輯録。見開き一ページ讀切、どこからでも讀み出せて、氣が附けばあなたの口語文も飛躍的にレベルアップ。(文語の苑編・海竜社刊)

文語名文百撰-ご購入案内

『明治大正 文語五十撰』

文語文の教科書不足を補うため、既刊の『文語名文百撰』に続けて新しく平成二十五年に刊行。小ぶりで薄く、通勤電車内でも勉強できます。残部僅少。「文語の苑」事務局では一冊千五百円でお分けしています。

『候文の手引き』
日本文化の根幹として文語文が長く保持、活用されることを希求する活動の一貫として刊行。だれでもが手紙、PCメール、携帯メールを候文で書くことができるようになるマニュアルのようなもの。「文語の苑」事務局では一冊五百円でお分けしています。

『文語詩集』
文語文の中でも美しいとされている詩を集めたもの。文語文の教科書としても希少。
一冊千五百円にてお分けしています。
電子書籍版はページ数増量の上、一冊千八十円にてアマゾンより購入できます。

『文語紀行文五十撰』
本書は、文語で書かれた平安より明治に至る日本の紀行文の中から代表的な五十篇を選び、その一部を抜粋したものである。
文語紀行文五十撰」はPOD(プリントオンデマンド)形式なので、注文を受ける都度印刷してお届けする形になります。アマゾンにご注文下さい。税込み千五百四十円です。電子書籍の形式をご希望の場合は税込み千三百二十円でアマゾンのキンドル、紀伊国屋書店のキノピー、楽天のコボ等で取扱っております。

『日本漢詩五十撰』
コロナ禍の下、永年の懸案であった新たな文語テキスト「日本漢詩五十撰」を、関係者の尽力により、遂に刊行するに到りました。近年ともすれば忘れられ勝ちの「日本 漢詩」(大友皇子より徳富蘇峰までの厳選五十首)に改めて光を当て、丁寧な解説を施したものであり、文語学習者の一助ともなれば誠に幸甚です。
POD(プリントオンデマンド)形式なので、アマゾンにご注文下さい。税込みPOD版1980円、キンドル版1320円です。



■更新情報 令和四年十一月三十日■

詞藻樓 土田龍太郎 式子内親王御詠草(四)
侃々院 土屋博 谷田貝先生を偲ぶ
日々廊 高田友 惜別の歌
日々廊 赤谷慶子 クリプト



■「文語の苑」小冊子ご希望の方■
「文語の苑」では、岡崎幹事の「蹇々録」全文等を始め、本ホウムペイジ所載の文章から選んで冊子を制作し、會員に配付してゐます。 十一號まであります。希望の方にはお送りいたしますので、ご住所、お名前、「小冊子第何號希望」と御明記の上、次のメールアドレスまでお申し込みください。  ただし、實費として、一册のみの場合は千円、あとは一册當り五百円を御寄附ください。 册子御送付の際に「郵便振替用紙」を同封いたします。



■お問い合わせ先■
office@bungonosono.or.jp