特定非営利活動法人 文語の苑

11月シンポジウム案内■
東洋大学のご尽力により文語の苑では毎年シンポジウムを開催しております。今年は11月12日(日)に「文語の世界に現れる妖怪」をテーマに開催致します。参加費は無料です。奮ってご参加下さい。

■第三回文語作文コンクール
       「岡崎久彦文語賞」■
文語の苑は創設者の一人である故岡崎久彦大使を記念して、一昨年来文語創作のコンクールを実施致しております。

藤原正彦様を委員長とする第二回コンクールの審査委員会は以下の方々の受賞を決定致し、二月二十一日に帝国ホテルに於いて開催した総会で授賞式を行いました。

今年も五月一日より募集を始め、十一月三十日を締切とする第三回コンクールを実施致します。是非ご応募ください。

ご参考:
「岡崎久彦文語賞」第三回詳細リーフレット


■入会ご案内■
『文語の苑』の趣意書にみられる趣旨に贊同され、會員になろうとされる方、文語文を投稿していただける方を募ります。ご関心のある方は、「會則及び投稿規定」を御覧下さい。

■出版ご案内■
『文語名文百撰-日本語はこんなに美しい-』
文語文に親しむには、先づ模範的な名文の素讀から。本朝古今の文語名文百篇を輯録。見開き一ページ讀切、どこからでも讀み出せて、氣が附けばあなたの口語文も飛躍的にレベルアップ。(文語の苑編・海竜社刊)

文語名文百撰-ご購入案内

『明治大正 文語五十撰』

文語文の教科書不足を補うため、既刊の『文語名文百撰』に続けて新しく平成二十五年に刊行。小ぶりで薄く、通勤電車内でも勉強できます。残部僅少。「文語の苑」事務局では一冊千五百円でお分けしています。

『候文の手引き』
日本文化の根幹として文語文が長く保持、活用されることを希求する活動の一貫として刊行。だれでもが手紙、PCメール、携帯メールを候文で書くことができるようになるマニュアルのようなもの。「文語の苑」事務局では一冊五百円でお分けしています。

『文語詩集』
文語文の中でも美しいとされている詩を集めたもの。文語文の教科書としても希少。
一冊千五百円にてお分けしています。

『文語詩集』電子書籍版
このたび新たに電子書籍版も五百円にて発売しております。



■更新情報 平成二十九年十月十六日■

詞藻樓 加藤淳平 白氏文集(十四)
詞藻樓 谷田貝常夫 七里ケ浜
詞藻樓 土田龍太郎 春のきざし
侃々院 市川浩 米国新大統領就任
侃々院 兒玉稔 トランプ氏と民主主義
日々廊 赤谷慶子 新参者
日々廊 土屋博 平成二十八年神田古本まつり(坤)
至天堂 愛甲次郎 スプーン曲げ



■「文語の苑」小冊子ご希望の方■
「文語の苑」では、岡崎幹事の「蹇々録」全文等を始め、本ホウムペイジ所載の文章から選んで冊子を制作し、會員に配付してゐます。 十一號まであります。希望の方にはお送りいたしますので、ご住所、お名前、「小冊子第何號希望」と御明記の上、次のメールアドレスまでお申し込みください。  ただし、實費として、一册のみの場合は千円、あとは一册當り五百円を御寄附ください。 册子御送付の際に「郵便振替用紙」を同封いたします。



■お問い合わせ先■
office@bungonosono.or.jp